忍者ブログ
老後の資産運用にFX投資を考えてみよう。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

債権と通貨

前回「株と通貨」の関係に触れましたので、今回は「債権と通貨」の関係を見ていこうと思います。

ここにもやはり株と同じような法則があります。
ただし、株価の時と違って、「債権安=通貨高」という傾向にあります。
その国の債権の価格が落ちるということは、少ない元手で高い金利が得られるということになるので、その債権の金利が上がっているということです。

現在、外国為替市場では、「金利の高いところにお金が集まる」という傾向が特に強くなってきています。
すなわち、「債権価格が下がる」→「金利が上がる」→「外国のお金が集まる」→「通貨高になる」という流れができるわけです。。
ただし、これはあくまで短期的に見た話です。

実は長期的に見ると逆になるケースがよくあります。
つまり「債権安=通貨安」になる場合です。
というのも高金利であれば、長期的にはそれだけインフレ率が高い可能性がありますので、次第に競争力が落ちて、売られる可能性が高くなってくるということです。

従って投資する場合、期間を区切ってリスク管理するのが安全といえるでしょう。
この「債権と通貨」の関係や「株価と通貨」の関係をしっかり理解して、着実にFXで利益を増やしていけるようになりたいものです。

PR
【Google検索】

Google
【ブログ内検索】

【為替レート&チャート】

パーツ提供:ALL外為比較
【為替ニュース】

パーツ提供:ALL外為比較
【FX為替心理コミュニティ】

【MENU2】

■用語
手数料
自動売買
チャート
ローソク足
レバレッジ
スワップ1
スワップ2
スワップと為替差益
キャピタルゲインとインカムゲイン
スプレッド
マージンコールとロスカット
トレール注文
ストップロスオーダー
差金決算1
差金決算2
IFD OCO IFO
FXオンライン トレード
キャリートレード
デイトレード
スイングトレード
FXシステムトレード
ファンダメンタル分析とテクニカル分析
テクニカル分析 ダウ理論(1)
テクニカル分析 ダウ理論(2)
テクニカル分析 ダウ理論(3)
テクニカル分析 エリオット波動理論(1)
テクニカル分析 エリオット波動理論(2)
cms FX
750-FX追加
インフィニティFX

■通貨
アメリカドル
英ポンド
ユーロ
豪ドル
ニュージーランドドル
南アフリカランド

■値動きをみる
24時間取引
時間帯による取引量
時間帯ごとのキーポイント
「仲値」の設定時間を狙う
季節ごとの動き

■業者比較
FX業者
業者選びについて1
業者選びについて2
業者選びについて3
業者選びについて4
会社比較
証券会社
金融スクエアBang!
くりっく365
外為ドットコム
ひまわり証券
マネーパートナーズ
セントラル短資オンライントレード
FX Online
AFT-FXダイレクトトレード
ライブドア証券FX
マネックスFX
アクロス FX
オリックス FX
FXプライム株式会社

■学ぶ
FX必勝法
バーチャル取引
「為替の学校」
「FXトレードマスター」
FX知識 セミナーについて
羊飼いFX
FXブログ
FXブログについて
FXの情報商材
FX入門書
FX実践書
FX通信教育
カリスマトレーダー、山根亜希子
カリスマトレーダー、ドクター田平
カリスマトレーダー、山本有花
カリスマトレーダー、マット今井
サンプラザ中野氏
酒匂隆雄氏
野村雅道氏