忍者ブログ
老後の資産運用にFX投資を考えてみよう。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マージンコールとロスカット

FXをやっていて、何度も耳にする非常に重要なシステムがマージンコールロスカットでしょう。

マージンコールというのは、損失額が一定の額になった時、現在の取引を維持するには証拠金が不足しているということの通知で、
ロスカットは、損失額が一定の額になった時に行われる強制決済のことです。

FX投資をしていて重要だというのは、これらのシステムのお陰で、相場の急変があった時にも、損失額が限度を超えて大きくなってしまうことを防いでいます。
FX業者によって若干違いがありますが、大体マージンコールが発生するのは維持率が50%を割り込んだ時、FX業者がメールで連絡してくれることが多いです。
例えば、預け入れ資金が10万円で、1ドルが100円のときに1万ドルの買いポジションを保有し(証拠金10万円が必要)、その後1ドルが94円90銭までドル安(円高)が進んだとすると、
51,000円のマイナスが発生して、預け入れ資金10万円-51,000=49,000円。
49,000円を保証金10万円で割って、維持率は49%となります。
すなわち、マージンコールが発生することになります。

ロスカットの場合は、ロスカットレベル50%~20%の間位で、FX投資者自身が設定するところが多いようです。
FXをする時には、相場の動きに気をつけ、なるべくロスカットは避けるようにしたいですね。

PR
【Google検索】

Google
【ブログ内検索】

【為替レート&チャート】

パーツ提供:ALL外為比較
【為替ニュース】

パーツ提供:ALL外為比較
【FX為替心理コミュニティ】

【MENU2】

■用語
手数料
自動売買
チャート
ローソク足
レバレッジ
スワップ1
スワップ2
スワップと為替差益
キャピタルゲインとインカムゲイン
スプレッド
マージンコールとロスカット
トレール注文
ストップロスオーダー
差金決算1
差金決算2
IFD OCO IFO
FXオンライン トレード
キャリートレード
デイトレード
スイングトレード
FXシステムトレード
ファンダメンタル分析とテクニカル分析
テクニカル分析 ダウ理論(1)
テクニカル分析 ダウ理論(2)
テクニカル分析 ダウ理論(3)
テクニカル分析 エリオット波動理論(1)
テクニカル分析 エリオット波動理論(2)
cms FX
750-FX追加
インフィニティFX

■通貨
アメリカドル
英ポンド
ユーロ
豪ドル
ニュージーランドドル
南アフリカランド

■値動きをみる
24時間取引
時間帯による取引量
時間帯ごとのキーポイント
「仲値」の設定時間を狙う
季節ごとの動き

■業者比較
FX業者
業者選びについて1
業者選びについて2
業者選びについて3
業者選びについて4
会社比較
証券会社
金融スクエアBang!
くりっく365
外為ドットコム
ひまわり証券
マネーパートナーズ
セントラル短資オンライントレード
FX Online
AFT-FXダイレクトトレード
ライブドア証券FX
マネックスFX
アクロス FX
オリックス FX
FXプライム株式会社

■学ぶ
FX必勝法
バーチャル取引
「為替の学校」
「FXトレードマスター」
FX知識 セミナーについて
羊飼いFX
FXブログ
FXブログについて
FXの情報商材
FX入門書
FX実践書
FX通信教育
カリスマトレーダー、山根亜希子
カリスマトレーダー、ドクター田平
カリスマトレーダー、山本有花
カリスマトレーダー、マット今井
サンプラザ中野氏
酒匂隆雄氏
野村雅道氏