忍者ブログ
老後の資産運用にFX投資を考えてみよう。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キャピタルゲインとインカムゲイン

FXで行われる取引は、大きく分けると「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」の2つがあります。
ここでは、FX初心者向けにその違いや使い分け方について説明したいと思います。

まずキャピタルゲインは、日本語では「為替差益」で儲けることを言います。
為替差益は、FX取引の基本です。
「株」でいえば、相場差益に相当します。
大きく儲けたければ、キャピタルゲインを中心に据える必要があります。
その理由は、インカムゲイン(利息収入)の項で説明しますが、金利のみで儲けようとしても、為替レートがほんの少し変動しただけで、せっかくの利益がふっとんでしまい、「損はしないが儲けもでない」という結果になるからです。
これでは、FX初心者にとっては、全然面白くない話ですね。

もちろん資産保全のために外貨口座を開設しているのなら、とやかく言うことではないかもしれません。
しかし確実に儲けようと思ったら、まずは為替差益で儲けるキャピタルゲインを中心に据えるべきだと思います。

このキャピタルゲインの基本は、要するに「安く買って高く売る」ということです。
この原則は株でも一般のビジネスでも変わりありません。
ただし、FXが株や商取引と違うところは、為替レートが上がっても下がっても儲けが出せるということです。
すなわち「高く売って安く買う」という取引も出来ることです。

株や商取引は「買い(仕入れ)」から入ります。
しかし、FXは「売り」から入ることもできるというメリットがあります。

たとえば、 1ドル=120円で1万ドル(120万円)売った場合、1ドル=110円になったとき1万ドル(110万円)分を買い直せば、10万円(120万円-110万円)の利益が得られます。

このように、FXのキャピタルゲインは、相場高、相場安の両面から攻めていくことができるのです。
FX初心者は、まずキャピタルゲインの練習からはじめるべきでしょう。
業者のサイトには「バーチャルFX」というゲーム感覚で出来るサービスがありますので、そこで練習してみるのも賢い方法だと思います。

PR
FX取引で得る利息収入

FXの魅力の一つはインカムゲイン(利息収入)があることですね。
もちろん、利息収入については、普通の外貨預金や外貨MMFでも同じですが、しかしFXの場合は、利息を日々受け取れるということと、スワップポイントといって通貨間の金利差を利用して稼ぐことができるので、利率が高いのが特徴です。

ただ、FXは外貨預金とは異なり、積極的に儲けて行く投資です。
ですから、FX初心者とはいえ利息収入にだけ安住するのは好ましくありません。
というのも、1万ドル(120万円とします)に対して年利5%の利息がつけば、利息収入は年6万円になります。
複利で運用できますから、10年後の利息収入は約75万円になります。

確かにこれだけでも結構な資産運用となり、日本でも20年くらい前までは普通のスーパー定期預金でも、これくらいは稼ぐことができました。
ところが、現在の日本の超低金利政策が長く続く状況では、FXのような投資方法が流行するわけです。
実はインカムゲインまたはスワップポイントには、不安定要素が2つあります。

ひとつめは、為替相場の変動です。
たとえば、1万ドルが120万円から100万円に下落した場合には、20万円の含み損が発生します。
そうなると、大体予定していた利息収入の4年分くらいは食いつぶしてしまうことになります。
さらに利息収入も減る訳ですから、結局含み損も含めて10年間の利益は半減してしまいます。

ふたつめは、通貨銘柄の相手国の金利変動です。
FXのインカムゲインは自国と相手国との金利差を利用して得られる利益です。
相手国の利率が下がれば、当然インカムゲインも下がります。

このように、インカムゲインだけでのんびり儲けようとすると、相手国の金利変動までチェックしなければならず、FX初心者には簡単なようで、実は難しくて割に合わないところもあるのです。
ですから、為替相場は常にチェックしておくことが大切です。
そして、キャピタルゲイン(「為替差益」)で着実に稼ぐのを基本にして、インカムゲインは特典として考えておくこと、これが、FX初心者だけでなく、全てのFX資産運用家にいえることだと思います。

主婦にもオススメ

FX(外国為替証拠金取引)は、少ない資金で始められるリスクの少ない資金運用です。

10万円程度ではじめられるのですから、主婦の副業としてもオススメです。
とはいっても、生活のためにやるのでは面白くありませんから、とりあえず、ブランド靴を買うとか、欲しかったあの服を買うとか、目標を定めて外貨取引を初めてみるということです。

FX初心者ならドルかユーロが良いでしょう。
主婦の才能の一つは、金の計算に細かいことです。
ということは、男性なら相場変動なしと考えるような細かい変動に対しても取引できるということです。

こういっては失礼かもしれませんが、専業主婦なら時間はたっぷりあるので、FX初心者があっという間にベテランになることも考えられます。
万が一、損失を出しても、日々の生活やりくりで補填できちゃうのも、主婦の強みでしょう。

さらに、手数料や諸経費に細かい主婦の皆さんにもオススメな理由として、FXは手数料が安いということです。
ここでいう手数料とは円と外貨の両替手数料のことです。
例えば円をドルにすると、1ドルあたりの往復手数料は外貨預金で2円、外貨MMFで1円に対し、FXでは無料~20銭と非常に低額です。
つまり1万ドル(100万円)を動かしても、2000円程度の手数料です。
10万円程度の取引なら、200円です。

FX初心者にとっての魅力のひとつは、この手数料の安さにあります。
わずかな相場変動でも安心して金を動かせますからね。

私はドイツの某出版社の輸入代理店も営んでいますが、仕入れの際の送金手数料と両替手数料の高さにはいつも泣かされます。
FXなら500円程度の手数料なのに、2500円以上もかかってしまいます。

話がそれてしまいましたが、とにかくFXは主婦にもオススメです。
主婦のお小遣いを増やして消費に貢献するためにも、ぜひトライして欲しいですね。

ローリスクで安全運用

FXは、株取引に比べて断然楽で、FX初心者にとっても敷居が低い資産運用法であることは、前項でご説明したとおりですが、そのほか決定的に株と違うのはローリスクが基本にあるということです。

株の場合、昔から良く言われることですが、企業の業績が基本にありますから、2007年に多発した偽装表示等の不祥事や、外的、内的要因によって、保有株が一夜にして暴落して大損してしまうことがあります。

それに対して、FX(外国為替証拠金取引)は、外貨の為替取引が基本です。
ですから、もちろん為替相場の下落によって、一時的に小額の損をすることはありますが、まさかEUが一夜にして破産するなどということは、まずあり得ないことです。

つまり株に比べてローリスク・ローリターンなのです。
それで、FX初心者でも安心して取引が出来るのです。
ハイリスクなものはハイリターンなのは、世の中の理ですが、もちろんハイリスクを引き受けるだけの経済基盤がある人なら良いでしょうが、一般の人は怖過ぎて手を出しかねる面があるかもしれないですね。

さらに、FXは為替相場が下がっても利益を出すことが出来ます。
株が「買い」という行為からスタートするのに対して、FXは「売り」という行為から入ることが出来るのが特徴です。

たとえば、1ドル=110円で1万ドル(110万円)売ったあとに、1ドル=100円 になれば(100万円)、買い戻して10万円の儲けです。
もちろん、逆に「買い」という行為もありますので、たとえば 1ドル=100円で1万ドル(100万円)買ったあとに、1ドル=110円 になれば(110万円)、10万円の儲けです。

このように、為替相場が上がっても下がっても、利益が出せるというのもFX初心者にとっては安全ポイントと言えると思います。

業者選びについて4

前回に引き続き、FX初心者の業者選び比較サイトでのリサーチを続けていきたいと思います。

前回ピックアップした「みんなのFX」ですが、他の業者選び比較サイトでは名前が出て来ません。
そこで、Googleで「みんなのFX」で検索をかけて、評判を調査してみると、次のブログが見つかりました。
http://yamamomo.livedoor.biz/archives/50184594.html
このブロガーさんは、「みんなのFX」については、あまり高い評価をしていないようですね。
他の情報サイトでも掲載されていないとなると、ちょっと二の足モードに入ってしまいそうです。

続いて「初心者のためのFX業者比較 」 で、もっとシンプルにデイトレとスワップポイントで儲けられる業者を捜しました。

デイトレードを考えている人には「ひまわり証券」がおすすめと書いてありました。
とりあえず、この会社も比較リストに入れてみます。

そして「FX業者別"悪評"ランキング」で、悪評が立っていないかチェックしてみると、とりあえずどちらも悪評は立っていないようです。
もっとも、ここでいう悪評とは、システムの不安定さなどが要因として上げられているケースが多いようです。

このような感じで、FX初心者の方は何日かかけてリサーチを行い、本当に信頼できそうな会社数社をピックアップして、資料請求をしてみると良いでしょう。

業者選び比較サイトも、全ての情報をあまねく網羅しているわけではありません。
ですから全幅の信頼を置くのは考えものですが、FX初心者にとっては、十分すぎるほどの情報がありますので、ぜひじっくり時間をかけて、良い業者を探してください。

以上、FX初心者の業者選び比較サイトでのリサーチについて、まとめてみました。

業者選びについて3

前の2つの記事で紹介した業者選び比較サイトを使って、実際に私がFX初心者になりきって、業者の絞り込みを行ってみましたので、紹介します。

まず「FX手数料比較 外為FX業者比較完全DB」を使って次の条件で検索を行いました。

(1)デイトレ中心に儲けたいので、「手数料が無料」「デイトレ決済無料」という条件を付けました。
(2)スワップ金利は毎日受け取りたいので、「スワップ金利は毎日受け取れる」という条件を付けました。

以上の条件で検索した結果、249件中、4件がヒットしました。
この結果はプリントアウトして、他のサイトで調べるときのリストにします。

この4件の中では、「みんなのFX」というサービスが目を引きました。

手数料無料、圧倒的超低コスト。
ドル円スプレッド1(時間帯によってはスプレッド2)。
レバレッジは最大300倍。9/18から信託保全導入。
サポートは24時間対応で◎。
Macにも公式対応(OS9/10対応)。
W-ZERO3、EM・ONEでも取引可能。

ということでした。

私のパソコンはMacなので、わざわざFX用にWindows環境を整えなくても良いですし、W-ZEROユーザーですから、どこにいても取引ができます。
実際デイトレ中心の取引となると、家に引きこもりになりがちですが、W-ZERO3が使えれば、気軽に外出も出来ます。
さらに、信託保全導入ということで、証拠金も安全が図れそうです。
FX初心者にとって、安心材料がとても多そうでしたので、この業者を中心に4社を、他の業者選び比較サイトで評判を見てみることにしました。

因みに、あくまでも、私のシミュレーションですので、「みんなのFX」を推薦している訳でもなく、この業者選び比較サイトを真っ先に使うように推薦しているわけではありませんので、誤解のないようお願いします。

以上、FX初心者の業者選びサイト比較の実例ということで、ご紹介しました。
次は、ここで選んだ4社を、他のサイトで検証してみます。

業者選びについて2

引き続き、FX初心者のための業者比較サイトを紹介していきます。

(1)初心者のためのFX業者比較
http://www.fx-abc.net/

こちらは、(2)と比較して完全にFX初心者向けに詳しい解説付きで業者比較ができるサイトです。
正確には、プラン別オススメ業者の紹介ですが、FX初心者にとっては、基礎学習とともに役に立つサイトですので、ぜひ目を通しておいてください。

(2)FX手数料比較 外為FX業者比較完全DB
http://hikaku.fxtec.info/

スワップポイントの受け取り方、特殊取引条件、PC環境、サーバの安定度など、様々な観点からの検索絞り込み可能なスーパーサイトです。
チェックボックスを付ける項目は、かなり特殊な条件が多く、基本的にはFXを熟知している人向けの仕様になっています。
とはいってもこのブログや他の情報サイトで知識を仕入れたFX初心者の方なら、それほど苦労なく理解できる項目ですので、ぜひ一度、お試し感覚で検索してみてください。
FXデビュー後の細かな生活設計の参考になるのもメリットです。

(3)外国為替証拠金取引(FX)業者比較 為替比較プラス
http://www.fxcomp-plus.com/

このサイトも、ロスカットやマージンコール、ポートフォリオ作成ツール有無など、かなり詳しい条件で、業者比較ができる優れたサイトです。
特にロスカットやマージンコールの条件で選べるのはこのサイトだけのようです。

(2)のDBサイトと組み合わせて使えば、かなり強力な絞り込みができそうです。
このサイトも、このブログや他の情報サイトで知識を仕入れたFX初心者なら、容易に理解できる内容になっています。

業者選びについて1

業者選びについては、今回は沢山あるFX業者の中から、どこを選べば良いか、その選び方について書いてみます。

FX業者は、主要な会社だけでも50以上もあり、これらの全てに資料請求をした日には、部屋中が資料の山と化して、FX初心者はどれがどれやらさっぱりわからなくなります。
しかもFX業者からのお誘い電話もひっきりなしに鳴るかもしれず、これでは平穏な生活が乱されかねません。

どの業者が良いかについては、業者選び比較サイトと口コミを最大限活用して、絞り込む必要があるでしょう。

代表的な業者選び比較サイトについて、紹介して行きたいと思います。

(1)ALL外為比較 FX会社ランキング特集【総合ランキング】
http://www.allgaitamehikaku.jp/ranking/total.html
ALL為替ランキング、手数料ランキング、口座数ランキング、総合ランキングの4つでランキングがされており、それぞれランキング上位の会社の詳細が見られるようになっています。
FX初心者は、まずはここで各ランキングを比較してみるのが良いと思われます。

(2)FX業者比較
http://www.forex-traders.net/broker00.html
個人のトレーダーさんが評価した、口コミ情報サイトです。
業者別に、手数料、スワップ金利、レバレッジなどの重要項目が一覧できるように作られていて、非常に参考になります。

(3)FX業者別"悪評"ランキング
http://fxsenki.jugem.jp/?eid=281
評判の悪い業者も押さえておきましょう。
個人ブログですが、ネット上での悪評が立っている業者をランキングしています。

以上、FX初心者の業者選び比較サイトについて、オススメなサイトを紹介してみました。

FX取引のリスク管理について

FXも金融商品の一部であり、元本保証型の商品ではないので、当然損失を出すリスクは存在します。
株のように、一夜にして紙切れなどということはないにしても、レバレッジを基本として売り買いを行うFXには、
「マージンコール」「ロスカット」という二つのリスク管理手続きが存在します。
少々ややこしいのですが、FX初心者にもわかるように、書いてみます。

まずマージンコールですが、保証金の50%を超す損金が出たときに、その時点で決済するか、追加保証金の拠出を求める制度です。
10万円の証拠金で20倍200万円のレバレッジを組んで取引している場合、1ドル105円(105万円)で買ったドルが100円(100万円)に下がったとき、含み損は5万円ですから、証拠金の5割です。

この場合、FX業者は持っているドルを売って決済し、損益を確定させるか、あるいは証拠金の追加を求め、上の例で言えば、あと10万円上積みすることによって、含み損の比率は25%に下げさせます。
これがマージンコールです。
レバレッジの比率が高いほど、わずかな相場変動でマージンコールがかかる仕組みになっていますので、FX初心者は注意が必要です。

続いて「ロスカット」です。
これは日本語の俗称「損切り」になります。
ロスカットの例としては、取引業者によって異なりますが、証拠金の20~30%になると、持っている通貨の一部やすべてを決済してしまうことです。
マージンコールと似ている面がありますが、大きな違いは、マージンコールは証拠金の上積みで解除できるのに対して、ロスカットは強制的に決済させられる点にあります。

マージンコールもロスカットも、損失が出た場合、その損失を証拠金以内の最小限に抑えるための安全弁のようなもので、FX初心者が少額の資金で始めたFXで大損失を出しても、実際の損失負担は、証拠金の範囲内で収まるのです。

FX取引にかかるコストと税金について

FX初心者が知っておくべきコストについて簡単にまとめてみました。

FX取引で利益が出たとしても、その利益が全部自分のものになるわけではありません。
FX取引会社に支払う手数料やスプレッド、そして税金があります。

まず手数料についてですが、会社によって違いますが、たとえば1ドルの片道(売りまたは買いのどちらか)で0.02円~0.4円といったところです。
1万ドルを売ったら、おおむね200円から2000円程度ということになります。
同じ外貨取引でも外貨預金の場合には、1ドルにつき片道1円くらいになりますので、1万ドル売ったら1万円という大金になりますから、それに比べたらFXは非常に安いということです。

これはFXが短期売買を繰り返すことが多いため、低く抑えられているわけですが、安いからといって、あまりに細かい短期売買を繰り返すと、差益がそれほどでもないのに、コストばかりが積み重なって、長期的にはそれほど儲かっていないという結果になってしまいます。

続いて、スプレッドというものがあります。
これは為替相場と実際に取引をする際の価格との差です。
例えば、ドル円(USD/JPY)で売値115.05ー買値115.08と表示されていれば、
売る場合に0.5円、買う場合に0.8円のスプレッドがかかっていると考えてよいでしょう。

このスプレッドも業者によって差があり、手数料とスプレッドの合計額が取引の際のコストとなります。
手数料が安くてもスプレッドが高い(あるいはその逆)という場合も考えられます。
この辺は業者を選ぶときにFX初心者は必ずチェックしておきましょう。

最後に税金です。
日本の預金でも利子に税金がかかることからもわかるとおり、FXによって得たキャピタルゲインやインカムゲインは課税の対象です。
雑所得という扱いになっているので、総計が20万円を超えた場合には確定申告の必要が生じます。
さらに、被扶養者扱いになっている主婦がFXで50万円以上の利益を出すと、扶養からはずれるようになります。

ですから、FX初心者もできるだけ必要経費項目を増やして、無駄な税金を払わないようにしなければなりません。
FXに関連する控除項目は、パソコン購入費、インターネット接続料、FX関連書籍購入費などがあります。
手っ取り早く必要経費を捻出するにはパソコンを買うのがよいでしょう。
買ったら即時転売して経費回収するわけです。

【Google検索】

Google
【ブログ内検索】

【為替レート&チャート】

パーツ提供:ALL外為比較
【為替ニュース】

パーツ提供:ALL外為比較
【FX為替心理コミュニティ】

【MENU2】

■用語
手数料
自動売買
チャート
ローソク足
レバレッジ
スワップ1
スワップ2
スワップと為替差益
キャピタルゲインとインカムゲイン
スプレッド
マージンコールとロスカット
トレール注文
ストップロスオーダー
差金決算1
差金決算2
IFD OCO IFO
FXオンライン トレード
キャリートレード
デイトレード
スイングトレード
FXシステムトレード
ファンダメンタル分析とテクニカル分析
テクニカル分析 ダウ理論(1)
テクニカル分析 ダウ理論(2)
テクニカル分析 ダウ理論(3)
テクニカル分析 エリオット波動理論(1)
テクニカル分析 エリオット波動理論(2)
cms FX
750-FX追加
インフィニティFX

■通貨
アメリカドル
英ポンド
ユーロ
豪ドル
ニュージーランドドル
南アフリカランド

■値動きをみる
24時間取引
時間帯による取引量
時間帯ごとのキーポイント
「仲値」の設定時間を狙う
季節ごとの動き

■業者比較
FX業者
業者選びについて1
業者選びについて2
業者選びについて3
業者選びについて4
会社比較
証券会社
金融スクエアBang!
くりっく365
外為ドットコム
ひまわり証券
マネーパートナーズ
セントラル短資オンライントレード
FX Online
AFT-FXダイレクトトレード
ライブドア証券FX
マネックスFX
アクロス FX
オリックス FX
FXプライム株式会社

■学ぶ
FX必勝法
バーチャル取引
「為替の学校」
「FXトレードマスター」
FX知識 セミナーについて
羊飼いFX
FXブログ
FXブログについて
FXの情報商材
FX入門書
FX実践書
FX通信教育
カリスマトレーダー、山根亜希子
カリスマトレーダー、ドクター田平
カリスマトレーダー、山本有花
カリスマトレーダー、マット今井
サンプラザ中野氏
酒匂隆雄氏
野村雅道氏